ローカルのライブハウスをサポートしよう。
SMDcrewでは、チャリティTシャツの販売によるライブハウス支援活動を行っています。


about

■SUPPORT YOUR LOCAL LIVEHOUSE ~チャリティTシャツによるライブハウス支援プロジェクト~ #SYLL2020

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大によって社会的・経済的に、様々な影響が出ています。
とりわけ多くの人が集うことを前提とした、エンターテインメント業界全体への風当たりは大変強いものがあります。

そんな中、私たちSMDcrewの身近なところで例を挙げるならば、ライブハウスです。

相次ぐライブやイベントのキャンセルや延期。
当初は正直、対岸の火事のような気持ちでニュースなどを見ていましたが、関わりの深いライブハウスの動向や現状の話を聞いていると、自分たちにも何か出来ることはないかを模索するようになりました。

「ライブハウスの運営が継続できない=みんなの遊び場がなくなってしまう」
自分たちが大切にしてきた場所を守りたい、この危機的状況を少しでも早く何とかしたい。

最初はチャリティライブを・・・などの考えもありましたが、もう少し様々なリスクを回避しながらサポートする方法はないかと考えました。
そこで浮かんだ案がタイトルにもある、『SUPPORT YOUR LOCAL LIVEHOUSE』とする、チャリティTシャツの販売によるライブハウス支援のプロジェクトです。

SMDcrewにはVEDAINKというTシャツプリントファクトリーで働いているスタッフがいることで、各所と相談を重ねながら協力体制が整い、実現の運びとなりました。

まずは、私たちが日頃よく活動している大阪のライブハウス3店舗である「心斎橋musicbar HOKAGE」、「SOCORE FACTORY」、「心斎橋CLAPPER」を皮切りに支援をスタートしていきます。
チャリティTシャツはBASE通販店舗にて販売し、全ての収支を公開しながら、原価などの諸経費を差し引いた売上の利益すべてを各ライブハウスに寄付します。

急なプロジェクトのため、まずは身近な3店舗のライブハウスからスタートしますが、今後は支援の輪を広げていければと考えております。
SMDcrewがホームとする大阪はもちろん、この動きに賛同してくださる方がおられましたら、お知らせください。
全国どこからでも、このチャリティのプロジェクトに参加できるように準備を進めています。
ご協力いただける方、支援したいライブハウスなどあれば、是非ご相談ください。

世間の大きな流れを考えると、このプロジェクトはとても小さな動きかもしれません。
しかし、ジャンルを問わず協力・拡散していただくことで、少しでも大きな動きにしていければと考えています。

皆さんの地元にも、これまでお世話になったライブハウスや守りたい場所がきっとあるはずです。
恩返しするような気持ちで、あなたにとってかけがえのない場所を守るため、協力を呼びかけていただけたら幸いです。

SMDcrewは、ライブハウスが元気な姿を取り戻すまで、支援を続けていきたいと思っています。

今こそ立ち上がろう!SUPPORT YOUR LOCAL!


■SMDcrewとは

関西・大阪を主に活動しているハードコアバンド(EX-C, B SIDE APPROACH, BURNING SIGN, NOTIIBELIKESOMEONE, RUNNER)のメンバーが中心となり、2006年頃に結成。
所属バンドはそれぞれで活動を続けながら、crewとしてイベントの企画(SMDnight、SMDfestなど)を年に1~2回ほどのペースで主催している。